頻尿の一番の原因は男女で異なる

頻尿の原因として一番多いものには、男性と女性では異なります。
男性の場合は前立腺肥大症が原因になることが多く、女性の頻尿の場合には膀胱炎が最も多い原因になります。
膀胱が小さいと尿をためる量が少なくなり頻尿になりやすくなります。
膀胱の尿をためられる量の影響には、前立腺肥大症や膀胱炎などの炎症、ストレスが原因になる心因性のものまで、様々な原因が考えられます。
また、膀胱結核や前立腺がんなど重大な疾患が原因になっていることもありますので、十分に注意する必要があります。
膀胱にためられる量が少ないかどうかは自分で判断することが可能です。
なるべく尿意を我慢しておしっこの量を測ってみて、量が250mlより少なければ膀胱に溜める量が少ないと判断できます。
また、尿量が増えるとトイレが近くなります。
尿量が多くなる原因としては、糖尿病や腎機能の低下などがあります。
また、利尿作用があるコーヒーやお茶なども影響します。
ほかにも高血圧剤を飲んでいる場合も頻尿の原因になる場合があります。
夜間の頻尿に困っているならこのサプリがお勧めです